不動産サイトが検索エンジンから高い評価を得るための要素

検索エンジンで上位表示されるようになるためにはどうすればいいのか?
不動産サイトの場合、基本的に物件情報がコンテンツの大半になります。
ですので、ある程度固定された表現で、固定された記述内容とリンク構造になります。
それをふまえた上で、サイトの価値を上げていく運用をどのようにしていくかを考えます。
下記に挙げる評価を上げる要素として、ホームページ会社ができることは、被リンクを増やすという事ぐらいで、その他の要素は不動産会社が運用的に意識して行わなければなりません。

サイトの公開期間が長い

ドメイン年齢というものがあり、サイトが公開されて年数がたっているものほど長く運用されて評価できるサイトという事が言えます。
ですから、ドメインを取得したばかりのサイトはSEO的には不利になります。

コンテンツが充実している

サイトのテーマに関連する質の高い情報が掲載されている。また、ページ数も多い。
物件情報も担当者のコメントなど、物件を見た人しかわからないような情報を掲載してあったほうが、訪問者にとっても魅力的なサイトである。そう言ったサイトを検索エンジンも評価しているという事。

更新性が高い

常に更新されているサイトであること。
物件情報すら何カ月も更新していないようなサイトでは、訪問者も運用されていないサイトだと感じすぐに離脱してしまう。

テーマ、専門性の密度

不動産のテーマに関して密度の濃い内容であること。
例えば物件情報だけでなく、不動産関連のニュースや悩みの解決など、関連する情報を掲載してあることが望ましい。
商品だけでなく商品に関連する情報も公開することが不動産サイトの価値をさらに向上してくれることでしょう。

価値ある発リンク

関連する情報についてより詳しい情報を掲載しているページへのリンクは訪問者にとってもありがたい情報となります。また、発リンクするという事は被リンクも受けやすくなるという事も言えます。
例えば、【フラット35】Sエコ金利引下げ幅拡大 決定!という情報を提供したとしてもそれだけでは何の価値もありません。
それであれば、住宅金融支援機構の【フラット35】Sエコのページへリンクを貼ったほうが、情報としては価値が高いわけです。

関連性の高い被リンク

不動産や地域に関連性の高いサイトにリンクが貼られることがSEO的にはとても効果的です。
できれば世間一般的に価値が高いといわれるサイトからリンク受けることが望ましいですが、たくさんのサイトが有効な情報であると判断し、自然にリンクしてくれていることが一番です。
手動で被リンク登録をする場合は、信頼できるサイトをしっかりと吟味することが必要です。

コミュニティでの評価

ソーシャルメディアでリンクを貼られること。
これにどれくらいのSEO的価値があるかは未知数だが、ユーザーが自分のソーシャルメディアで紹介したくなるくらい価値のあるコンテンツであるという事は、サイトの価値を図るうえで重要な指標である。

いろいろと難しいことを書きましたが、要するに訪問者が便利で、役に立って、信用できるサイトを運用することを考えると、サイトの価値はどんどん高くなります。
物件情報をただただ公開しているサイトは世の中にたくさんあります。
それらのサイトとコンテンツで差別化を図ることが大切です。

お問い合わせ

この物件を問い合わせる
03-3693-1033 営業時間:AM10:00~PM19:00
定休日:日曜・祝日
This entry was posted in 運用ヒント. Bookmark the permalink.